FC2ブログ

Neko

ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
緩和ケア の記事一覧
「麻薬」のイメージ 
2009.10.11.Sun / 23:10 
今私は、非がん患者さんの疼痛マネジメントのフォローを続けています

その方は(Aさんとします)いろいろな基礎疾患があって
それだけでも精神的にとても過酷な体験をされています

緩和ケアチームでの介入ではないので
自分の時間が少しでも空いたときに、お話を聴きにお尋ねしています

先日数ヶ月ぶりにお話を聴きに行くことができました

そこで、最近ずっと不安に思っていたことがある…と話し出されました


それは、夏からずっと報道されている芸能人の覚醒剤に関する報道です


Aさんの使われている鎮痛薬もいわゆる「麻薬」と呼ばれています

いろいろ聞くと不安になるだけだから聞かないようにしていても
勝手に耳に入ってきてしまい、自分は大丈夫なのか…と思ってしまう  と


がん性疼痛治療で使われるいわゆる「麻薬」と呼ばれるもの


Aさんが使っている鎮痛薬も
犯罪としてと扱われる覚醒剤と同じなのでは?と感じてしまったようです

Aさんが感じた不安の内容について、ゆっくり時間をかけて対応させていただきました

私は患者さんにオピオイドの説明をするときは、極力「麻薬」という言葉を使わないようにしています
これは管理上都合のいい呼び名であるだけだからです

患者さんには鎮痛薬であることをわかってもらえるように気をつけています
そして痛みを我慢することのほうが体にとってとてもストレスになることをわかってもらいます

オピオイドを使用した疼痛治療は世界的標準であることや
正しく使用することでは全く問題ないことなどをしっかりわかってもらえると
患者さんは自分で鎮痛薬の調整ができるようになっていきます

安心して使えるようになるからだと思います



今、緩和ケアがこれだけ熱くなってきていても、まだまだ誤解と偏見のイメージは拭えません
オピオイドを導入するときの説明場面でも、必ずといっていいほど同じような質問があります

でもそれは自然な感情なのだと思っています

オピオイドに限らず、どんな治療でも薬剤でも患者さんは不安に感じている…
ただオピオイドはその不安な気持ちが顕著に表に現れやすいのでしょう



Aさんの場合、透析に週3日通われていますが
その間誰にもその不安な気持ちを話すことができなかったそうです

医療者が周りにたくさんいるのにずっと不安な気持ちのまま過ごされていたかと思うと
なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいです

もっと医療者が正しい情報を持って患者さんと関わることができたら
患者さんの誤解も早く解けるようになるのになぁ


そうなるように努力するのが私たちの役目か…

がんばらないと!
スポンサーサイト



* テーマ:認定看護師 - ジャンル:学校・教育 *
初挑戦! 
2008.07.17.Thu / 13:32 
今年から院内の集合教育に
「専門教育コース」ができました

今、うちの病院には認定看護師(CN)が3名います

それぞれの分野ごとに研修をするように昨年度末に
教育担当副部長から言われ、研修計画を立てました

なにせそれぞれ1名しかいないので
すべてが個人で対応していくしかなく
教育委員会にはこれまで全く関わっていなかったので
何をしたらいいのやら…

それでも会場を予約して研修生を募集して
資料を準備して…

あれっ??

当日の会場準備とか受付とか?
誰がやる?私か?

という状態になり
教育担当師長にお願いして急遽お手伝いをしてもらうことになりました


まあ、こうなることは副部長に言われたときから
想像できてましたが。。。


だって講師を依頼しておきながら
研修担当者がついていなかったんですから


私たちCNに研修企画を依頼しておきながら
放置している副部長の気が知れません


あなたの役割は何ですか?



こんなことが通用するいいかげんな病院です


そうこうしながらも一昨日無事に研修を1コマ終わらせることができて
ひとまずホッとしています

初めての企画になるので『基本的なところを重点的に』
なんて考えたけど、やっぱり伝えたい内容は幅広くて
4回コースになってしまいました

全部自分で仕切らないといけないので
私の負担が増えるだけなんですけどね…

でも所属部署に該当患者さんがいない方が
研修に応募してきてくれて
私は驚きとともにうれしい気持ちです

職員の反応はなかなか実感しにくいものがありますが
今回のようなちょっとしたことが今の私の支えになっているような気がします

協力者が少しずつでいいから増えて欲しいと願うばかりです
* テーマ:認定看護師 - ジャンル:学校・教育 *
学会で分かり合う 
2008.07.06.Sun / 14:38 
週末地元で学会がありました

毎年の学会は認定の仲間との再開でモチベーションがあがります
今年は自分の気持ちがマイナスまで低迷していたので
どうなるかと心配でしたが
地元での開催ということもあって楽しく参加できました

みんな働く施設は違うけど
扱われる待遇としては似たり寄ったりで(羨ましい待遇の施設ももちろんありますが)
関東の施設で働く人は
所属の師長さんとの折り合いが合わず
異動を申し出たら救急に飛ばされたということで
かなり落ち込んでいました

やっぱりそんなもんなんですか…

自分の存在価値も認めてもらえないって、どんなに辛いか

お互いの置かれている辛い立場を理解できるのは
一緒にがんばって教育を受けた仲間だからこそ

病院の中で一緒に仕事をしている仲間では
分かり合うことができません

(相談しても、わかろうとしてくれても、私たちには理解してくれた!とは思えないのです)

年に数回ですが、認定の仲間と話すだけで
その「わかってもらえた!」「みんな同じなんだ」という感覚が
今の私たちを支えてくれていると思うのです

私たちが何とか自分たちで踏ん張れる間に
病院の管理者が私たちの役割を理解して
働きやすい職場づくりをしてくれることを願うばかりです

もちろん、私たちからの歩みよりも続けますが…
* テーマ:認定看護師 - ジャンル:学校・教育 *
ホスピタルフェア 
2008.06.14.Sat / 19:52 
今日は地域の住民に病院を開放して
日ごろの診療の理解を促す活動の日で
もう10年以上続いています


今年は初めて緩和ケアチームのブースを出展した
体験コーナーやバザーにお客さんは集中するもので
展示ブースにはあまりお客さんは来ませんが
それでも数人、ビデオをじっくり見ていってくれたり
パンフレットを手にして持って帰られたりしてくれました


数年来なかなか進まなかったポスター作りも
制作担当者を決めてあったにもかかわらず
結局私が1日で作ってしまったし
緩和ケア担当職員の意識を高めようとしているのに
やっぱりほとんど一人で関わらないといけない羽目に陥るものです

別の役割を持っていた職員もいるので
とやかくはいいませんが
目の前を通るにも意識して(?)素通りする緩和ケア担当副部長とかもいて

こんなもんよね…

と、改めて感じさせられた1日でした

でも自分の中では達成感があります

来年はもう少し趣向を凝らして
地域の人にわかりやすく
緩和ケアを紹介できるといいな~
* テーマ:認定看護師 - ジャンル:学校・教育 *
在宅ホスピスケア研修 
2008.03.22.Sat / 11:21 
最近、訪問看護ステーション協議会が行った
「在宅ホスピスケア研修」の講師をお願いされて行ってきました

このような研修にはすでに2回ほどアドバイザーをお願いされて事例検討などをしましたが
そのときは医師・薬剤師・臨床心理士の方も同席されていたので
一人ではありませんでした


今回は、看護協会の研修ができる会議室で
講義を含めて日ごろ悩まれている事柄についてアドバイスをということで
私一人ですべてを任された感じです


毎回思うのですが
訪問の看護師さんはよく勉強されています

毎日病棟でわからんチンの後輩を指導している私としては
本当に感激してしまうほどです

いつでも頼る相手がいる病院と
ある意味1匹オオカミ的な訪問看護との違いがあるのか

新卒から比較的若いナースが多い病院と
ある程度経験を積んだナースが多い訪問看護の違いなのか…


でも本当に感心しきりです


どこの現場でも同じ悩みに尽きないことも
在宅では医師とのやり取りに非常に気を使われていることも
それでも患者さんのそばに寄り添う姿勢を病院のナースよりも強く持っていることも
この研修を通して実感させてもらうことができました


私なんてどれだけの解決の糸口も見つける手助けなんてできないですが
私は講師という立場ながら
訪問看護の現場や先輩ナースの知識の豊富さ、意欲など勉強させてもらった感じです


自分のいる世界だけでなく
いろいろな部門や現場の状況を知ることはとても視野が広がります

こういった機会はこれからもできる限り参加していきたいと思います
* テーマ:認定看護師 - ジャンル:学校・教育 *
認定看護師のたまごのたまご 
2007.12.28.Fri / 17:04 
来年度の認定看護師教育課程の入学試験が
年末多くのところでありました

当院からも3名が課程に合格したようです
専門性を高めようとする意識にはとてもうれしく思います

が…

喜んでばかりでもありません


有能な人が合格していますが
では認定看護師として・・・  人間性・・・
看護師としてというより、人として・・・


やっぱり実践的モデルとなる認定看護師ですから
看護師としてはもちろん、そのベースでもある人間として尊敬できる人に
挑戦してもらいたい・・・


と、ずっと思っていました



私と協働することになる同じがん分野では特に



・・・


お願いだから・・・

これからは会議で嫌そうな表情をおもむろにするのはやめてください

会議中に隣の人とコソコソ話をするのはやめてください

会議中に会議の内容とは関係のないいたずら書きをするのはやめてください

みんなに聞こえるほどの大きな声でため息をつくのはやめてください

病棟の仕事は病棟看護師に権限を譲ってください

彼女を監督する上司もちゃんと気がついてください



私のストレスもさらにパワーアップしてしまいます



協働・・・


大切なことだけど、私と彼女にそれができるか不安です

たぶんできません



本格的に身の処し方を考えなくてはいけない時期がやって来てしまいました
* テーマ:認定看護師 - ジャンル:学校・教育 *
認定看護師をどのように活用するか 
2007.10.15.Mon / 13:51 
13日に名古屋で
認定看護師の活用についての講演会がありました

看護管理者へ向けての講演内容でしたが
認定看護師も多く出席していたように思います


教育課程を卒業して以来

自分がどのように、どんな活動をしていきたいかを明確にしなければならない…

と言われ、自分でもそう思っていましたが
どのように看護部に提示してもスムーズには受け入れられず
それどころか力量以上の過度な期待感に憤りを感じていたのも事実


認定看護師を抱える看護部として
認定看護師とは何か、どのような活動をする人なのか、知ろうともせず
看護部としてはどのように活動して欲しいのか
どのような立場に位置づけられるのか、何も検討しようとはせず


などなど…


知ろうとする努力、新しいことを検討しようとする姿勢を示して欲しいと思っていました

  …だって、出張で他病院へ出向いた際のうちの副看護部長の紹介は
      「認定師の○○です」ですよ!!
     認定看護師とすら言えないんですよ!!
                             呆れましたよ…

ホントはその副看護部長も出席するはずだったのに
他の予定があるから…と出席せず


どうやって今後の方向性を考えていくんでしょうか?


でも今回の講演で思ったのは
まず自分の力量を見極めること
できる範囲から着実に活動していくこと
でも狭い範囲でとどまっているわけではなく
少しずつ活動範囲を広めていく努力もすることかなって


そのために看護部にも理解してもらえるように
お互いに話し合っていかなくっちゃいけないのかなと思いました


何もわかってくれない
何もしようとしてくれない
とばっかり言わないで…


歩み寄りが大事ですね
* テーマ:認定看護師 - ジャンル:学校・教育 *
新しい学会ができました 
2007.06.26.Tue / 22:35 
10月に日本緩和医療薬学会があります

今年新しくできた薬剤師さんが中心の学会のようです



がん性疼痛を専門分野に選んだ私としては
疼痛治療の薬物療法を復習するには
ぜひとも参加したい学会です

でも、同じ日程で同期の地方で気になる研究会があるんです

それに参加しようと思っていたのでとっても悩んでいます


この世界(認定看護師)に足を突っ込んでから
日本各地に飛び回ることが多くなって
お財布から羽の生えたお札が
パタパタと勢いよく飛び立っていってします


でも出張申請もできないので
全部自腹です


こんなところにも影響がでるなんて

              o゚+(ノε;。)+゚o


薬剤のこともそうですが
看護ケアのことなど
がん性疼痛分野に関する最新の情報を得るためには
アンテナを高く、鋭くはっていないといけないので
ちょっとした情報でも見落とすと取り残されてしまいます


いつか経済的な補助を少しでもしてくれるようになるといいなぁ


だってこれも仕事の一環なんですもん
学会行ってきました 
2007.06.26.Tue / 22:24 
緩和医療学会に岡山まで行って来ました



教育セミナーは出席しなかったのですが
私はゆっくりしたい派なので
前日入りしました


その道中、認定の同期組みからのメールが来るわ来るわ


普段はた~まにしか連絡を取ってないのに
前日から最終日までメールに電話に誰かとつながりっぱなしの状態


たった半年くらいしか共通の時間を過ごしていないのに
ずっと昔から一緒にいたかのように溶け込んでしまう





こんなにもつながりが深いなんて…


毎回学会のときは同窓会のようなものになり。。。
岡山入り当日は近況報告
   数年後にやってくる認定の更新に必要な書類の情報交換

誰かがすでにやっていると、それをメールで送れと人頼みになるのが常

学会当日はメンバーが一部入れ替わりまた同窓会(のような感じ)
私は2次会から合流したけどすでにただの酔っ払い状態

そして終わったときには忘れ物の数々ヾ(゚0゚*)ノ






なんのための学会か
        ε=( ̄。 ̄;)



とお思いでしょうが私たちにとっては唯一のストレス発散の時なのです



毎日院内で孤独を感じている私たちは
人知れず泣いていることが多いのです


仕事の内容が大変で辛いのは仕方ないこともありますが
私たちの孤独をわかってくれる同僚・上司はなかなかいません


どんなにやさしい言葉をかけてくれても
私たちには響きません

それは本当に理解しようとしてくれている様子が伝わらないのだと思います




いつも私たちは思います



これって私たちの認定が故のスピリチュアルペイン??


患者さんがいいます


 「誰もわかってくれない」

 「あなたなんかにわからない」


苦しみの内容は違っても、私たちは心の中で同じことをつぶやいている



学会に参加すること(同期組みと再会すること)は
私たちのスピリチュアルケアなんです


そして次の再開を確認してみんな現実の世界に帰っていくのでした
ちゃくちゃくと 
2007.06.03.Sun / 13:20 
今週は緩和ケアの月1回の会議がありました


これまで緩和ケアチームの活動は
明確にシステム化されてなく
メンバーのボランティア的活動となっていました


依頼される方も
メンバーと面識がある人が声をかけてくれる場合が多くて
どの患者さんにも平等にその機会があったとはいえない状態でした



今年は緩和ケアの専門医が来たわけではありませんが
外科医が緩和ケア担当になり

「できることはお手伝いしますよ」

と、とても協力的で
話し合いもスムーズにいっているので
なんとか依頼から介入、アウトカムの作成まで
明確に示すことができるのではないかと思ってます


めざす目標はかなり高いこのメンバーたちですが
ひとつずつクリアしていくことができそうな実感があって
去年とは気持ちが違います

  (あまり、去年のことは思い出したくない… (((´・ω・`)カックン…)

前向きな医師が担当になってくれて
本当にうれしい気持ちでいっぱいです



この仕事を始めて痛感しているのが
コンサルテーションを受けても
看護師や薬剤師の意見を取り入れてくれる医師が
本当に少ないことです

今後は、その緩和担当になった外科医師が
カルテ記載してもらえるようになったら
少しは違うのかな??と思ってたりしてます


とにかく今はできることを少しずつやってくしかない
         !!o(・ω・´o)(o`・ω・)o!!


がんばろー p(*^-^*)q

プロフィール

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ぶろぐのおるずばん

BlogScouter

グリムス

ブログの更新率

CopyRight 2006 hana's diary All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG /